• Y.Ueda

「いらっしゃいませ」はお店に合っていますか



皆様、こんにちは!

コロナ感染症の影響で対面式の接客をなさっている皆様は、不安な日々が続いていることと存じます。私の周囲でもお客様には来てくださいとは言えない状況でもあり、だからといっていつまでできるか分らないと言った方が多くいらっしゃいます。

ただそのような中でも1組・2組の方はお越しくださるようです。1日の売上げとしてやっていけるほどではないでしょう。

しかし今できることは、その方々を精一杯おもてなしすることではないでしょうか。不安な要素をお客様にお見せすることは、対価をいただくに値しないからです。サービスを提供することで、お客様に豊かな気持ちになっていただくことが接客者としての私達の仕事です。

早くこの状況が収束することを願いながら、今できることをしていただきたいと思うのです。


さて、今回はお客様が来られた時にする最初の挨拶「いらっしゃいませ」についてです。

勿論、お客様個々の表情や状況に合わせての挨拶をしなければいけませんが、基準となるマニュアルは作るべきだと私は考えます。


皆様のお店ではどんなファーストアクションの決まりやタイミングがあるでしょうか?


例えば、

*一人のスタッフが「いらっしゃいませ~」と大きな声で挨拶すると、続いて全員で「いらっしゃいませ~」

*一人のスタッフが「お客様ご案内いたします~」で全員で「いらっしゃいませ~」

*一人が「お客様、ご来店です」と言ってパン!と手を叩き、その合図で全員で「いらっしゃいませ~」

*一人のスタッフが静かに丁寧に「いらっしゃいませ、ご案内いたします。」

*太鼓を叩くお店もあるみたいです

など他にもたくさんあります。

皆様、個性的でよく考えていらっしゃいますね。

しかし本当にその「いらっしゃいませ」の挨拶、お店に合ってますか?

例えば料亭や高級フレンチ等の入店時に「いらっしゃいませ~⤴」と、スタッフ全員からびっくりするような元気な声で、合唱するように声をかけられたらどの様に感じますか?

少し安っぽく感じてしまわないでしょうか?

また逆に、ビアホールやカジュアルなバル等で、一人一人のスタッフから、静かに微笑んで「いらっしゃいませ、ようこそお越しくださいました」と丁寧な敬礼で声をかけられたら、少々違和感を感じないでしょうか?

「もしかしたらぼったくられるのかも・・😕」と思ってしまう方もいらっしゃるかも知れません

これは極端な例ではありますが、お客様は勝手にお店のイメージ(雰囲気や料金等)をもって来店されます。それがちぐはぐだと違和感を感じます。

逆にお客様のイメージとお店のコンセプトや雰囲気が合致すれば、再来店に繋がりやすいのではないでしょうか?

貴方のお店はいかがですか?

ギャップというのも悪くはないかもしれません。しかし、まずは安心感を作ってみてはいかがでしょうか?

最初の挨拶でお店の印象をもたれます。その最初の挨拶の仕方でその後のサービス提供の受け取り方が違ってきます。本当に貴方のお店に合った挨拶ができているかどうか、お客様の立場で確認してみてください。

声の大きさ、声のトーン、タイミング等見直してみてはいかがでしょうか?



では自分のお店に合った正しい挨拶が分らないという方は、まず基本の接客サービスの挨拶ができるようにしてみるとよいでしょう。

基本というのは、大半の人が初対面で不快に思わない挨拶ということです。まずはそれができてからオリジナリティを出していくことが必要ではないでしょうか。


「挨拶」の基本は


「あ」・・・明るく爽やかに(暗いと感じられると自信がないように受け取られます)

「い」・・・いつでも(忙しいからといって、見えていないふりをしない)

「さ」・・・先に(こちらから声をかける、先手で歓迎の姿勢をお見せする)

「つ」・・・続けて(できるだけプラス一言つける)


です。

表情は優しい笑顔を心掛けます。ちなみに真顔から急に笑顔になると怖いですからやめてくださいね。

業務中は口を閉じているときも口角は軽く上げておきます。そうするとギャップが少なく、自然な笑顔になりやすいです(*^_^*)

(💭馴れないうちはトレーニングしましょう)


そして声は地声をお勧めします。裏声は嘘のように聞こえる可能性がありますので気をつけましょう。笑顔で地声を出すと、少し高めで明るい声がでますよ😄

発声は腹式呼吸を使用すると、思い切らなくてもしっかりとした発声ができるでしょう。

そして声のトーンです。

よく語尾が上がる方がいらっしゃいます。

「いらっしゃいませ⤴」

これは稚拙な印象を与えますので、癖になっている方は改善することをお勧めいたします。

上げる部分は「ら」を意識すると引き締まりますので、試してみてください😊

「いっしゃいませ」


声出しがOKでしたら態度でも表しましょう。

遠くに居ても、お客様の方向に身体を向けて「先言後礼」のお辞儀をします。


そしてプラス一言は例えば、


「いらっしゃいませ、ようこそお越しくださいました」

「いらっしゃいませ、お待ちしておりました」

「いらっしゃいませ、〇〇様今日は寒いですね」


などこのような感じでよいのです。

この何気ない一言で、お客様は貴方と話しやすく感じるのです。


いかがでしょうか。

「いらっしゃいませ」には、<多くの店舗の中私どもを選んでいただきありがとうございます>という気持ちが込められているのです。

社交辞令のような声かけではなく、せっかくお越し頂いたお客様に歓迎と感謝の気持ちをこめてお伝えいたしましょう。


この皆様の最初の一言で、お客様の豊かな時間が始まるのです。


桜H.Cでは、接客サービス基礎研修や接遇マナー研修、アルバイト・パート事前研修など、接客業に特化した研修を多数ご用意しております。

詳しくはこちらまで⇒⇒出張企業研修

         ⇒⇒私が担当、開催する公開講座、定期講座


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アフターコロナ飲食店の接客②

皆様こんにちは。すっかり初夏の気候ですが、いかがお過ごしでしょうか。 本日は6月8日、今のこの時期は24節気の「芒種」という季節となります。 穀物の種を蒔く時期で、田植えが始まるシーズンです。 農家の方々はこれからが最盛期に入りますが、それと共に梅雨が始まる季節でもありますね(^-^; 暑さや雨と闘いながら一生懸命育ててくださった作物が、後に私達の食卓に上がります。 本当に感謝です。 前回コロナウ

アフターコロナ飲食店の接客①

緊急事態宣言が解除されてから、徐々に世の中が動きだしてきました。 それに伴い生活様式、仕事の在り方はほんの2~3ヶ月前と随分変化しました。 急な変化は戸惑いを生み、挫折してしまう方もいらっしゃるのかも知れません。 人と人の関係を大切にして営業されてきた方ほど、思い悩むのではないでしょうか。 私の担当している飲食店様も苦労されています。 しかし、下ばかりを見ていても始まりません。 withコロナとい

  • Facebook
  • Instagram

​© 2019

sakuraH.C