• Y.Ueda

いらっしゃいませ

さて、今回はお客様が来られた時にする最初の挨拶「いらっしゃいませ」についてずっと思っていた事を書いてみました。

皆様のお店ではどんなファーストアクションの決まりやタイミングがあるでしょうか?


例えば、

*一人のスタッフが「いらっしゃいませ~」と大きな声で挨拶すると、続いて全員で「いらっしゃいませ~」

*一人のスタッフが「お客様ご案内いたします~」で全員で「いらっしゃいませ~」

*一人が「お客様、ご来店です」と言ってパン!と手を叩き、その合図で全員で「いらっしゃいませ~」

*一人のスタッフが静かに「いらっしゃいませ、ご案内いたします。」

*太鼓を叩くお店もあるみたいです

など他にもたくさんあります。


皆様個性的でよく考えていらっしゃいますね。

しかし本当にその「いらっしゃいませ」の挨拶、お店に合っているのでしょうか?


以前、ある割烹料理のお店に行きました。

そこは趣のある高級感漂う玄関で、入口前のメニューをみるとお値段はお高めだったのですが、連れのお祝いだという事で奮発しようと思い切って入りました。

静かな玄関を抜け、中に入るとスタッフが大きな声で「いらっしゃいませ~」、すると全員で「いらっしゃいませ~」と私達に向けられました。

もちろん気分は悪くなかったです。

ただ、静かな空気感のお店とのギャップに違和感を感じたからか私達はびっくりしました。

そしてその活気のある歓迎の挨拶で私は外にあったメニューの値段など忘れ、雰囲気も気さくな感じだしお値段もきっと気軽なのだろうと思ってしまいました。

しかし、やはりそれなりのお値段でした"(-""-)"・・・(たしか単価にして2万円ほど)


最初のイメージのままだとそんなものだと思ったのでしょうが、雰囲気で一度気軽なのだと思ってしまったばかりにすごくお高く感じてしまいました。


そうかと思えば、時間が余ったので一、二杯だけ飲もうとある道路沿いにあるオープンな入口のワインバルに伺った時の事・・・

バルなので気軽にと思ったのですが、入口で一人のスタッフが静かに丁寧に「いらっしゃいませ、どうぞこちらに」とメニューを持ち、席に案内すると椅子を引いてくださりメニューの説明を受けました。

他のスタッフは黙々とお仕事をされてました。

私は入るところを間違ってしまったのかと、少し不安になった事があります。

そんな説明よりも早く飲み物をオーダーしたいと感じました。


どちらも接客マナーとしては間違ってはいません。むしろきちんとマニュアルを作っているのでしょう。

しかしお客様は勝手にお店のイメージ(雰囲気や料金等)をもって来店されます。

それがちぐはぐだと違和感を感じます。

逆にイメージとお店のコンセプトや雰囲気が合致すれば、再来店に繋がりやすいのではないでしょうか?

貴方のお店はいかがですか?

ギャップというのも悪くはないかもしれません。

しかし、まずは安心感を作ってみてはいかがでしょうか?

最初の挨拶でお店の印象をもたれます。

本当に貴方のお店に合った挨拶ができているかどうかお客様の立場で確認してみてください。

声の大きさ、声のトーン、タイミング等見直してみてはいかがでしょうか?

最後までお読み頂きありがとうございました.

これからも、接客者としてまたはお客の立場として感じた事を接客マナーを組み込みながら書いていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。


            上田 由佳子

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

アフターコロナ飲食店の接客②

皆様こんにちは。すっかり初夏の気候ですが、いかがお過ごしでしょうか。 本日は6月8日、今のこの時期は24節気の「芒種」という季節となります。 穀物の種を蒔く時期で、田植えが始まるシーズンです。 農家の方々はこれからが最盛期に入りますが、それと共に梅雨が始まる季節でもありますね(^-^; 暑さや雨と闘いながら一生懸命育ててくださった作物が、後に私達の食卓に上がります。 本当に感謝です。 前回コロナウ

アフターコロナ飲食店の接客①

緊急事態宣言が解除されてから、徐々に世の中が動きだしてきました。 それに伴い生活様式、仕事の在り方はほんの2~3ヶ月前と随分変化しました。 急な変化は戸惑いを生み、挫折してしまう方もいらっしゃるのかも知れません。 人と人の関係を大切にして営業されてきた方ほど、思い悩むのではないでしょうか。 私の担当している飲食店様も苦労されています。 しかし、下ばかりを見ていても始まりません。 withコロナとい

  • Facebook
  • Instagram

​© 2019

sakuraH.C